【イモトアヤコ】安室奈美恵とイッテQで悲願の対面果たす!!抑えきれず悲鳴のあとに涙を流す!!

2018年10月6日

イモトアヤコさんが
安室奈美恵さんの大ファンであることは
公言をしていたため
知っている人も多くいたのでは
ないでしょうか。

今回待望の対面を果たし
悲願を果たしました。

その裏側を簡単にご紹介します!

安室ラスト紅白出演時にイモトは南極にいた

2017年9月20日
来年9月16日をもって
引退することを発表した。

そして、同年12月
ラスト紅白歌合戦出場の
発表があった。

安室のラストの晴れ舞台。
イモトもこの目で見たいはずだが
「見れないじゃん!!」と
イモトは憤ていた。

それもそのはず。
イモトはその時すでに
南極大陸登頂に向かうことが
テレビで明かされていた。

イモトの公の声が出る前から
ネット上では
イモトが安室をみることができないと
噂になっていました。

最終的に、総合司会を務める
内村に伝言をお願いしていたが
メッセージの内容に真剣に悩む
イモトにその想いの本気さが伺えた。

南極大陸のヴィンソン・マシフの登頂に成功し
その放送では
頂上の景色に合わせて
安室奈美恵の『Finally』
がBGMとして流れた。

感情移入して号泣する人が
ネット上にはたくさんいた様だ。

頼むから二人を合わせてあげてと
望む人もたくさんいた。

ようやく果たした対面の時

そして、29日の放送で
とうとう悲願の対面を果たした。

企画内容としては
安室の台湾でのツアーを追いかけ
ツーショットが撮れるかという企画。

5月に開催されたアジアツアーに
乗り込み、ツーショット撮影に意気込んだ。

現地でライブのチケットを
手にいれることができ
安室の音楽を堪能できた。
ライブ中6回も号泣していたという。

しかし、肝心の
ツーショット撮影できなかった。

翌日、恒例の蛇料理に
苦しめられていたところ
チャイナドレスをまとい
店員に扮した安室は
イモトに「どうぞ」と
お茶を差し出した。

悲願のドッキリ対面に
悲鳴をあげたあと、こらえ切れず涙。

「好きになったことを
誇りに思います。」
と涙ながらに感謝の言葉を告げた。

そして、安室からは
「これからもイモトさんらしく。」
と言葉をもらった。

まとめ

他の人たちが願ってやまない
絶景をたくさん目にしてきた
イモトですが
今回イモトが目にすることができた
その大スターは、イモトにとって
そのどれもが勝つことのできない
特別な対面であったことは
間違いないでしょう。

これからもずっと変わらない
イモトアヤコを魅せてほしい。