【ガリットチュウ】福島善成がインスタグラムを毎日更新?1投稿につき50枚以上の写真を撮る徹底ぶり!

2018年10月6日

ガリットチュウの福島さんが
最近ブレイクを果たしている。

その特徴と言えばものまねで
現在ブレイクを果たしている
野性爆弾のくっきーが披露する
白塗りものまねとはまた異なる。
【くっきーの白塗りものまね】

そんな彼はものまね写真を
インスタに毎日投稿していた。
その努力に注目します。

空白期にデビューを果たす苦労人

1998年コンビ結成しデビューを果たしている。
関西の若手登竜門として当時は2丁目劇場が存在した。
【関西若手登竜門の劇場に歴史】

しかし、彼は東京吉本出身で
関西以外の芸人の登竜門的番組であった
『タモリのボキャブラ天国』もほぼ末期の空白期であった。

それから6年後脚光を浴びるときがきた。
2004年のとんねるずの人気番組企画
『細かすぎて伝わらないものまね』に出演。
河本が披露したのはあの
「お前に食わせるタンメンはねえ!」
それに対して福島は
「藤原紀香のキャンペーンガール時代に
とっていたポーズ」で
見事次長課長の河本準一を抑え
優勝を果たした。
【とんねるず石橋がネット局に進出!?】
【とんねるず木梨のフォトエッセイ】

それでもブレイクにはつながらず
なんと今から2年前
相方の熊谷から「個々にがんばろう」と
解散宣言を受けたのだ!!

インスタ毎日更新という半端ない努力

解散宣言を受けた福島は
インスタ毎日更新という
たゆまない努力を続けた。

インスタへの投稿のために
1つのものまねを
50枚は写真に収めていたという。

投稿し続けることは
簡単そうで難しい。

ただ、料理の写メを載せたり
スタバの新作を載せるだけではないのだ。

ファンに見てもらって喜ばれるものを
自分の頭で考えて実際にものまねし
そしてそれが一番喜んでもらえる姿で
映るように何通りも写メを撮る。

時間がかかって仕方ない。
手間がかかって仕方ない。

それを毎日続けることで
ファンの目に焼き付き
ようやく、今の
ダレノガレバブルに乗ることができたと言えよう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

SNSを使った戦略で
ネットで話題になり
確実にファンの数を増やし
最終的にはファンとのツーショットが
インスタに登場するほどの
人気ぶりだ。

レパートリーは多い。
これからもたくさんの
ものまねを見せて楽しませてもらいたいですね。