【天竺鼠・川原】頭から七夕が離れないなんてマジ無期懲役~ツイッターが話題に

2018年11月28日


【最新情報】
2018年10月30日現在

ハロウィンで
七夕のコスプレをする
ツイートを披露しています。




天竺鼠川原の頭には今も
天の川が流れているのか。

7月7日が七夕であることは
皆さんもご存知でしょう。

七夕前から徐々に熱があがり
七夕の夜に最高潮を迎え
翌日は七夕からは程遠いと言っても
過言ではないはずだ。

今日は七夕当日から男の話。

⇒【肘神様神社はいくらで立てた?




七夕を引きずる

七夕のツイートは急遽始まった。
七夕への想いなど何もなかった男に
一体どんな心の変化が起きたのか。

7月6日の15時ごろに突如
その瞬間は訪れた。

このツイートが今回の連発七夕ツイート
の発端となったものだ。

一見普通に天気の悪さを
気にしているだけのツイートです。

実はこの日大阪は大豪雨でした。

そして次の日は七夕当日。

4つのツイートの中3つが七夕について
1つが七夕を絡めたツイートだった。

8日になっても勢いは止まらず
3つ中全てが七夕に関してだった。

そしてしまいには旧暦の七夕の日付を
調べてパニックに陥っていた。

7月20日に一度七夕から離れた
ツイートをしていた。

RGのあるあるネタに対するボケ殺し
ツイートであったがリプを確認すると
七夕あるある言わせたいとしっかり
七夕は頭から離れていなかった。

因みに、8月20日現在

未だに七夕ツイートは続いている。

⇒【高木ブーと長さんは不仲?
⇒【出川とさんまの関係性

天竺鼠川原のギャグ

天竺鼠の川原は独特な空気感がある。

野性爆弾のくっきーとはまた異なる
あの雰囲気は思わずクスっとくる。

そんな川原のギャグで一番有名なのは
なすびではないか。

ギャグというより、キャラに近い
かもしれないが。

なすびにサングラスという
怪しげな風貌に笑いが起こる。

しかし、それだけでは終わらない。

急に泣き始めて
痛かったのか、悲しかったのか
色々想像させるシチュエーションだが
「眠たい~」の一言。

簡単に真似できるので皆さんも
たまーに使ってみよう。

今では芸人だけで食べていけるかも
知れませんが、このギャグが
生まれた当時はまだ、バイトをしながら
芸人を続けていました。

寝る間も惜しみバイトをして
芸人を続けていたときに
どこでも寝れるそんな感覚に
襲われ生まれたフレーズだそう。

苦労が生んだ一発ギャグですね。

⇒【ニッポンの社長のコント




まとめ

天竺鼠の川原さんはその適当さに
不誠実にさえ見えてしまいますが
実際は礼儀正しく、真面目な
先輩に可愛がられるキャラ
だそうです。

のびのびさせてもらえることで
天竺鼠の面白さは爆発的に
発揮されるのでこれからも
好き放題やってほしい。

今後の賞レースでもいつか優勝できると
影ながら応援している。

⇒【横澤がハリウッド進出へ
⇒【パーティーパーティーとは?

【こんな記事も読まれています】

⇒【肘神様神社建立
⇒【よしもと漫才劇場誕生までの歴史
⇒【ガリット福島のものまね
⇒【上沼恵美子夫と別居していた
⇒【イモト念願の対面果たす?
⇒【立川志らくは革命児
⇒【石橋貴明のネット局進出
⇒【明石家さんまはテレ東出禁!?