吉本謹慎は給料が低すぎるから!?吉本芸人が闇営業に手を染めた理由とは!?

2019年7月12日

吉本所属の芸人11人が先日6月24日に
謹慎処分となった。

特に、「不倫」をうやむやにしていた宮迫に
関しては「反社会的勢力との関り」で
芸能界復帰は絶望的となっている。

しかし、一体闇営業の何が悪いのか?

芸人が闇営業に手を染める理由とは?

そして、今回謹慎処分になった芸人について
簡単に紹介していきます。

闇営業で謹慎処分になった芸人

特殊詐欺グループのパーティーでの闇営業。

入江慎也(カラテカ)吉本興行解雇
宮迫博之(雨上がり決死隊)
田村亮(ロンドンブーツ1号2号)
レイザーラモンHG(レイザーラモン)
福島善成(ガリットチュウ)
くまだまさし
ムーディー勝山
木村卓寛(天津)
パンチ浜崎(ザ・パンチ)
ザブングル

入江が仲介していた
詐欺グループへの闇営業の一件とは別に
暴力団関係者への闇営業があり
そちらでは
2700とスリムクラブが謹慎処分になっています。

闇営業自体は悪ではない

闇営業自体は事務所も黙認している部分があります。

ガリットチュウの福島は
自身の営業力で仕事をとってくることができるので
もう、吉本興行を離れようと思うと会社に
告げたことがあるそうです。

しかし、闇営業はいくらでもして
いいから、後輩への示しもつかないし
離れないでくれと言われていたそうです。

闇営業とは、反社会的勢力との関係を持つことではなく
事務所を通さない芸人個人との直接のやり取りで
行われる営業のことを言います。

つまり、吉本興行にギャラを中抜きされない分
依頼する側も安くすみ芸人も通常より
手元に入る額が高くなるのです。

闇営業に手を染める理由とは

これは、事務所によって異なるかもしれないが
吉本興行のギャラの安さが一因になっていることは
間違いがないはずです。

割合はわからないが、
度々ダウンタウンや千鳥
M-1優勝者などがその割合について
1:9で芸人:事務所だと文句を言っている。

さすがにこれは言い過ぎだと思われるが
仮に3:7だった場合を考えて見ましょう。

今回入江が手を引いた11人の芸人が関与した
闇営業のギャラは300万だったと言われています。

これは恐らく事務所を通したギャラよりもかつ
本人たちがもらえる金額よりも高いということを考えると
事務所を通すと1000万弱の金額を支払うことになり
そのギャラは300万弱になります。

しかし、1000万も払わないだろうから
500万程度で考えると
11人の芸人で150万を分け合わないといけない。

確かに、宮迫クラスの芸人が10万ちょっとのお金稼ぎで
営業とは辛いが、吉本興行のルーるでは
そういうことになりそうです。

大好きなお笑い芸人が
闇を抱えることなく
お茶の間に笑いを届け続けることができる
環境が整って欲しいなと望むばかりです。